海外産業機械の総合輸入代理店は湘南貿易。

title

Back Number
2011/9/27
2011/9/14
2011/9/4
2011/8/26
2010/8/25
2010/5/6
2010/4/27
2010/4/16
2010/4/14
2010/4/7
2010/3/3
2010/2/3
2010/2/1
2010/1/5
2010/1/1
2010/1/1
2009/12/15
2009/12/15
2009/12/7
2009/12/6
2009/12/5
2009/12/4
2009/11/27
2009/11/27
2009/11/27
2009/11/17
2009/11/16
2009/11/11
2009/11/8
2009/11/7
2009/11/6
2009/11/5
2009/11/3
2009/11/2
2009/10/31
2009/10/29
2009/10/23
2009/10/19
2009/10/18
2009/10/16
2009/10/14
2009/10/11
2009/10/10
2009/10/6
2009/10/5
2009/9/24
2009/9/14
2009/7/18
2009/7/8
2009/7/2
2009/6/30
2009/6/25
2009/6/18
2009/6/11
2009/5/25
2009/5/20
2009/5/8
2009/4/30
2009/4/27
2009/4/22
2009/4/16
2009/4/7
2009/3/25
2009/3/18
2009/3/11
2009/3/5
2009/2/25
2009/2/18
2009/2/16
2010/1/2
2012/1/3
「湘南涼風」  2009年11月6日号
「エコランナー袋」 リサイクル現場に潜入しました! リネックス有限会社 その2
発行日:2009/11/6
「エコランナー袋」 リサイクル現場に潜入しました! リネックス有限会社 その2
今回は前回に引き続き、リネックス有限会社・寒川リサイクルプラントでの、空きびん・かん分別の様子の見学の様子をお届けします!

これがびん・かん回収袋 リサイクルフローだ!

リネックス・近藤:分別の後は、洗浄機で水を使って洗浄します。これが洗浄後の袋ですよ。
湘南涼風:うわー、本当にきれいになっていますね!
手をかけて分別・洗浄するとこんなにきれいになるんですね!びっくりしました!
リネックス・近藤:資源に生まれ変わった感じでしょう?袋から出されたかん、びんは、分別用のコンベアに載せられ、かん、びん、PETボトルに分別されます。
最初が鉄かんです。強力な磁石がついた機械で、鉄かんをくっつけて取り除きます。
次はびん類ですね。ドリンク剤などの茶色のびんや、透明のびんなどが交じり合っていますから、作業員が目で見て色別にピッキングしていきます。
湘南涼風:すごいーー!ものすごい速さで分別していくんですねー!びっくり!びんの次が、PETボトルの分別ですね。
リネックス・近藤:作業員がラインからPETボトルのみを拾い出して分けます。
また、ここで、中に吸殻などが入って捨てられたPETボトルや、これまでの分別で分けきれなかったびん類、かん類を拾い出す作業も行います。
湘南涼風:うわー、吸殻が一杯詰まったPETボトル!ひどい!これではリサイクルは無理ですよねー。
こっちには中身が入ったまま捨てられたコーヒーもありますよ!ティッシュ、マスク、紙ごみ、いろんなものも混ざっているんですね。
リサイクル可能な品にゴミを混ぜると、それだけ分別の手数がかかるんですから、ゴミを捨てる人はきちんとマナーを守らなきゃいけませんね
リネックス・近藤:PETが終わると、アルミかんの分別です。ここは機械での分別で、電磁波をあててアルミかんを飛ばすんですよ。
ラインの最後には、残渣が残ります。ここでボトル類がまぎれている場合は、手でピッキングしてリサイクルラインに戻します。残渣も更に分別をして、リサイクル可能な廃プラ類と、どうしもリサイクル不可な品の2種類に分けて、分別は終了です。
湘南涼風:色々ご説明いただき、ありがとうございました!(バーチャル見学終わり)

同社の工藤専務によると、入荷したびん・かんは90%が再資源化されるとのこと。
また、約10%残ってしまう残渣も、RPFというリサイクル燃料に加工され、熱回収のため使用されます。キチンと分別することにより、こんなに無駄なく資源が有効活用されているんですね!

 今回、びん・かんの分別ラインを見せていただき分かったのは、分別して再資源化するためには非常に沢山の人の手がかかっているということ。
 ポイッとリサイクルボックスに放り込めばリサイクルされるわけではなく、きちんと同種類に分別されて、ゴミが除かれないと再資源化は出来ません。改めて、ゴミをすてる私たちが、リサイクルしやすい捨て方のマナーを身に着けることの大切さを感じました。

 リネックスの皆様、今回のエコランナー袋の原料ご提供、ありがとうございました!
 沢山の人の手を経て丁寧に分別された回収袋が、湘南国際マラソンでのエコランナー袋の原料として使用されて、皆さんにリサイクルの大切さを伝える一助になれば、湘南貿易としても本当にうれしいです!



本日ご紹介したリネックス有限会社様HPも是非ご覧ください!
http://www.rinnex.co.jp/index.html

11月8日はいよいよ湘南国際マラソン2009開催!
http://www.shonan-kokusai.jp/


▲ Page Top


【site map】   HOME
機械事業部

(エレマジャパン)


湘南ワイン
 
エコロジー事業部
エコ事業部News!
プラスチックリサイクル
3つの手法
マテリアルリサイクルとは!
エコ事業部概要
エコプロジェクト
エコ商品の紹介と販売
エコ動画
 
湘南貿易
■企業理念
■会社概要
■採用情報
■お問い合わせ
■アクセスマップ

株式会社湘南貿易 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル8F TEL:045-317-9378
Copyright (C) Shonantrading.Co., Ltd., All Rights Reserved.

トップページへワイン事業部はこちら